モルタル造形美!デザインコンクリートの魅力

まるで、パリのおしゃれな街角の雰囲気が漂う空間。

2年前に新築されたI様。その際、ライフ・コンシェル三粋でインテリアコーディネートをさせていただきました。

奥様が、フォトスタジオをされるとのことで、現在白色のクロス仕上げを、モルタル風のコンクリートと白いレンガ風にされたいとのご依頼をいただき、2年ぶりにI様にお会いしました。

まずは、ご要望をお伺いし、具体的な雰囲気はは、いろんなイメージ写真を参考にしながら打ち合わせしました。

その際のイメージ画像がこちら↓↓↓

少しレトロチックな白のレンガと、モルタル風の壁。

もともと13帖ほどある空間を2空間に分けて、2面の撮影用壁をつくります。

新しい壁は、I様宅を建てていただいた大工さんに作ってもらいました。

この新しい壁は、モルタル風雰囲気になります。

いよいよ、下塗りから。モルタルの食いつきがよくなるよう、メッシュのシートを貼ります。

下塗りのあとは、しっかり2日ほど乾かします。

乾いた後、どの部分がモルタルでレンガにするかなど、実際に壁に描いて確認します。

そしてその上から、造形が始まっていきます。

翌日

だんだん形が作り上げられてきます。

ほぼ完成。あとは乾くのを待つのみ!

きれいに乾きました!モルタル風の壁もいい感じに!

モルタル造形で、こんなにリアルな表情!新しいのにどこか懐かしい感じに仕上げられるのも、職人さんの腕と感性のおかげです。

これからこの造形美をバックに、多くの写真が撮影されると思うと、ワクワクします!

新生児のフォトスタジオ Kai Newborn(カイ ニューボーン)さん。

この世に誕生し、その奇跡の愛おしい姿を残す「ニューボーンフォト」。

本物のレンガだと万が一、落ちてくるかもなどと心配ですが、モルタル造形なら、安心。

この美しい造形美の空間の中で、奇跡の一枚を。

今回、このお仕事を通して感じたこと。

2年前にインテリアコーディネートをさせていただき、また声をかけてくださったI様。

2年前施工してくださった大工さんとの久々の再開。

今回モルタル造形をしてくださった職人さん。

皆さんからいただいたご縁に感謝です。

そして、このモルタル造形の奥深さ、美しさ。

これからも、お客様の想い描く空間をカタチにするため、日々アンテナをはりめぐらせたいと思います。

****************************************************

富山の土地物件探し、新築、リノベーション のプランから

インテリアコーディネート までワンストップ対応。

ライフ・コンシェル三粋 宮原 優子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です